FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
小林健二展
画廊香月に、小林健二展「銀色のことば」を見に行きました。
作品は白い背景に、静物が描かれているのですが、その白い背景が独特でそれがあることにより静物がさらに存在感を増していました。具象的でありながら、それが何なのかひきつけられる作品や、抽象的な想像力を膨らませる作品。不思議な世界でした。

すばらしい作品は、何かを発していて、感覚を刺激します。
フリーダ・カーロ、マン・レイ、アンリ・マティス、そして今日見た小林健二、河原朝生。これらの作品を見ることで、少しづつですが、私の中の感覚も変わってきているのかもしれません。
|ART | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://jun0078.blog42.fc2.com/tb.php/55-c22b6577
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。