FC2ブログ
写真を始めたきっかけ
もう3年ほど前になります。山口県立美術館で、Man Ray展があっていて、「ガラスの涙」という写真が新聞に載っていました。当時写真とは、あるがままを撮ったものとしか思っていなかった私にとってこの写真はなにかひっかかるものがありました。図録によると559点、膨大な量だったため、2時間で最後の方は急いでみた記憶があります。
Man Rayの写真、先ほど書きましたように、写真なのですが、その一瞬の感情を閉じ込めたような、絵に通ずる写真なのです。そして冗談と本気の入り混じったような作品。それらの作品を見て、一見難解で不可解に思っていた現代アートや写真というものに親しみを感じて、一気に大好きになったわけです。古いカメラを手にしたのは、その少しあとで、意識せずに偶然とった写真に面白さを感じたものです。もぐさんが写真を撮るきっかけの話をされたので、思い出してしまいました。

img153.jpg

|WEBLOG | comment(0) | trackback(0)
comment
comment posting














trackback URL
http://jun0078.blog42.fc2.com/tb.php/110-3552b2e3
trackback