FC2ブログ
Bebo Valdés y Javier Colina / Live At Village Vanguad
bebo colina
先日のエントリーでもBeboのことを書きましたが、Beboのピアノがもっと聞きたいと思い、
Bebo ValdésとJavier Colinaが共演しているVillage VanguadのライブCDを買いました。

E.Lecuonaの歌曲やピアノの曲やキューバの古い曲そして、Bill Evansの
Walz for Debbyで終わるBeboのピアノの魅力がたくさん詰まったCDでした。

E.LecuonaのSiboney・Andalucía、N.MendézのAquellos ojos verdesなど特に気に入っています。

買う前に試聴できそうなサイトを探してもみつけきらなかったのですが、
配給元のレーベル Calle54で試聴できます。

2/20追記
このCDは、通勤中にいつも聴いているのですが、9曲目のBilongo、11曲目のBebo's Blues、Walz for Debbyは、自由に弾きまくりのイメージです。ライブ版なので、観客の声が聞こえるのですが、おそらくスペイン語なので聞き取れませんが、すごいライブだったことはしっかりつたわってきます。当日ライブ会場にいた人がとてもうらやましいです。
ライブ当時86años de edad(86歳)とのことですが、信じられないくらいすばらしい演奏です。
スポンサーサイト



|MUSIC | comment(0) | trackback(0)
ビルボードライブのイベント
今日は、ビルボードライブのイベントでした。二胡とピアノをフューチャーしたライブで、
とても楽しい時間でした。二胡の音は、生ではどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、
とても表情豊かなんですね。
どの曲の最中だったか、忘れましたが、ピアノの方が、Minnie RipertonのLOVIN’YOUのフレーズを弾きだして、なかなか凝った演出もありました。

オリジナルは、74年にスティービーワンダーがプロデュースしたものですので、
たぶん私たちの世代は、カバーされた曲で、この曲を知っているのだと思います。

偶然ですが、朝、LOVEFMの10時台マックスの番組で、この曲かかっていました。で、ビルボードのイベント司会も同じく、MAXでしたので、リスナーへの演出かも?と思うのは深読みしすぎでしょうか?

「Kiko&Ryou」・・・泉 貴子(二胡)&奥本 亮(key.)
[Support Member]
ドラム 山部三喜男
ベース 後川雅也
|WEBLOG | comment(0) | trackback(0)