FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
マヨネーズの瓶と2杯の珈琲(引用)
いつも、珈琲を買いにいっている珈琲工房森山の店主森山さんから、教えていただいた話です。以前、リンク貼っていましたが、原文を掲載する許可いただいましたので再度紹介いたします。
仕事などで忙しいと、「本当に大切なもの」を忘れてしまいます。だからこそ、この言葉は、いつも心の中に置いていて、思い返そうとこれまでを振り返り考えました。

では、皆さんよいお年を!

--------------------------------------------------------



MAYONNAISE JAR and 2 CUPS OF COFFEE
マヨネーズの瓶と2杯のコーヒー
When things in your life seem almost too much to handle, when 24 hours in a day is not enough, remember the mayonnaise jar and 2cups of coffee.
あなたの人生の中でもう手いっぱいだという時や、1日が24時間では足りないと思う時があったら、マヨネーズの瓶と2杯のコーヒーカップを思い出して見て下さい。

A professor stood before his philosophy class and had some items in front of him.
先生は哲学クラスの生徒の前に立ち、何かアイテムを彼の前にもっていた。
When the class began, wordlessly, he picked up a very large and empty mayonnaise jar and proceeded to fill it with golf balls.
クラスが始まると、無言のまま先生はとても大きい空のマヨネーズを入れる瓶を持ち、ゴルフボールを入れはじめた。
He then asked the students if the jar was full.
そして彼は生徒達にこの瓶は満杯になったかと尋ねました。
Theyagreed that it was.
生徒はそれに同意しました。
The professor then picked up a box of pebbles and poured them into the jar.
先生は次に箱に入った小石を瓶の中に注ぎ始めました。
He shook the jar lightly. The pebbles rolled into the open areas between the golf balls.
先生は軽く瓶を振ると、小石はゴルフボールの隙間に空いた空間を転がり込みました。
He then asked the students again if the jar was full.. They agreed it was.
そして彼は生徒達に再度、この瓶は満杯ですか?と聞き、生徒達はそれに同意しました。
The professor next picked up a box of sand and poured it into the jar.
先生は次に砂の入った箱を持って砂を瓶の中に注ぎこみました。
Of course, the sand filled up everything else.
もちろん砂は全ての隙間に入り込んでいきました。
He asked once more if the jar was full. The students responded with a unanimous "yes."
先生はもう一度この瓶は満杯かと聞きました。 生徒たちは口をそろえて「はい」と答えました。
The professor then produced two cups of coffee from under the table and
poured the entire contents into the jar, effectively filling the empty space between the sand.
先生はそれから2杯のコーヒーをテーブルの下から取り出して、残り残さず瓶の中に注ぎこみ、
コーヒーは砂の隙間に効率良く入っていきました。
The students laughed.
生徒達は笑いだしました。

Now," said the professor, as the laughter subsided,
笑い声が静かになってきて、先生は「では」と言いました。
"I want you to recognize that this jar represents your life.
「この瓶があなたの人生だと思って考えてみてください。」
The golf balls are the important things - God, family, children, health, friends, and favorite passions --
ゴルフボールは重要なものを表しています。 神様、家族、子供たち、健康、友達、そして大好きな思いなど・・・
things that if everything else was lost and only they remained, your life would still be full.
何もかもを失ってしまい、それらだけが残ったとしても、あなたの人生はまだ満たされていることでしょう。
The pebbles are the other things that matter like your job, house, and car.
小石はそれ以外のもの、例えば仕事や家、車などを表しています。
The sand is everything else -- the small stuff.
砂はそれ以外の小さく些細なものや事を表しています。
"If you put the sand into the jar first," he continued,
「もしあなたが砂を先に瓶にいれてしまったら・・・」 先生は続けました。
"there is no room for the pebbles or the golf balls. The same goes for life. If you spend all your time and energy on the small stuff, you will
never have room for the things that are important to you.
「小石やゴルフボールが入る隙間はありませんよね。 人生も同じことです。 もしあなたが全ての時間とエネルギーを小さく些細な事に費やしてしまえば、
いつまで経ってもあなたにとって重要なことのスペースが作れません。
So... Pay attention to the things that are critical to your happiness.
だから・・・あなたにとって最重要な幸せに注意をはらっていかなくてはなりません。
Play with your children.
子供たちと遊んであげなさい。
Take your partner out to dinner.
あなたのパートナーをディナーに連れて行ってあげなさい。
Play another 18.
??
There will always be time to clean the house and fix the disposal.
家を綺麗に掃除する時間やゴミ箱を直す時間はいくらでもあるはずです。
"Take care of the golf balls first -- the things that really matter.
「最も優先して考えなくてはならないゴルフボールをまず最初にケアすることです。
Set your priorities.
あなたの中で物事の優先順位を決めるのです。
The rest is just sand."
その他はただの砂なのです。」

One of the students raised her hand and inquired what the coffee represented.
一人の生徒が手を上げて、それではコーヒーは何を指しているのかと質問しました。
The professor smiled.
先生は微笑みました。
"I'm glad you asked. It just goes to show you that no matter how full your life may seem, there's always room for a couple of cups of coffee with a friend."
「聞いてくれてありがとう。 どんなにあなたの人生が満杯になっているように見えたとしても、友達との2杯のコーヒーをかわす時間はいつもあるものだということを表しているのですよ。」

Please share this with someone you care about.
これをあなたの大切に思っているいる人に話してあげましょう。
I JUST DID.

私はたった今しましたよ。

引用:珈琲工房森山ホームページより
スポンサーサイト
|WEBLOG | comment(0) | trackback(0)
雄たけび
ジュンが雄たけびをあげています
img040.jpg


OLYMPUS PEN-F、撮影年月日?

|1/2★CLUB | comment(0) | trackback(0)
BO&GUMBO
ボガンボスのデビュー版です。
どんとさんは亡くなられたそうですが、今聞いてもとても新鮮に聞こえます。(1988年)
「トンネル抜けて」はいろんな人がカバーしているので、よくラジオなどでかかっているのを聞いたことがあります。
この感じ大好きです。
お正月のヘビーローテションになりそうです。

※最後の見開きの写真がすべてを物語っているようです。みんな心から楽しそう。

img033.jpg


1.助けて!フラワーマン
2.泥んこ道を2人
3.魚ごっこ
4.Hey Flower Brother
5.ダイナマイトに火をつけろ
6.夢の中
7.ずんずん
8.見返り不美人
9.トンネル抜けて
10.ZOMBIE-ZOMB
11.ワクワク
12.目が覚めた

BO GUMBOS:どんと、KYON、永井利充、岡地明
|MUSIC | comment(4) | trackback(0)
東京街歩き
麻布十番
img026.jpg


img028.jpg


img027.jpg


img029.jpg


img030.jpg


月島
img031.jpg


img032.jpg


2003年8月、OLYMPUS PEN-F
|1/2★CLUB | comment(2) | trackback(0)
ファインダー越しに・・・
img025.jpg


OLYMPUS PEN-F、2003年11月大分市芸術会館にて
|1/2★CLUB | comment(0) | trackback(0)
霧のある宝満山の風景
img024.jpg


img023.jpg


2003年12月、PEN-F
|1/2★CLUB | comment(0) | trackback(0)
沖縄旅行・・・写真編
瀬底島のブルドッグ
img018.jpg


エメラルドの海
img019.jpg

首里城
img017.jpg


沖縄の雲
img016.jpg


2005年4月28日~5月2日、NIKON-FM3A
|TRAVEL | comment(2) | trackback(0)
タイ旅行の断片・・・写真編
~Hua Hin~

ホテルの屋上から
img002.jpg


ホテル前のマッサージ店
img001.jpg

バスを待つ
img003.jpg


ショコラ
img006.jpg


街の雑踏
img004.jpg


夜の屋台1
img010.jpg


ひかりのつぶ
img012.jpg


~Bangkok~

南の花
img009.jpg


チャオプラヤ川
img007.jpg


ワットアルンの模様
img005.jpg


ワットアルン
img011.jpg






|TRAVEL | comment(0) | trackback(0)
CDの紹介
早速、バリオスの曲集入手しました。先生に聞くと、「クリスマスの歌」は、季節物なので、発表するのは12月に限られるそうですが。本当にいい曲なので12月だけではもったいです。

というわけではないですが、ギターの先生のCDを紹介します。

P1000012.jpg



~松下隆二 I'm a stranger here myself~
1.カンツォーネ・バロッカ
2.シャル・ウィ・ダンス
3.カンバセイション
4.オルフェのサンバ
5.アイム・ア・ストレンジャー・ヒア・マイセルフ
6.ワルツを踊りましょう
7.燃える二人
8.ヒアーズ・ザット・レイニーデイ
9.デスペレットワンズ

映画音楽のCDです。何度聞いたか分からないくらい聞いていますが、来年はもっと”ギターを弾く”時間を増やしたいです。

最後のデスペレットワンズ、この曲を聞くと今までの思い出や、静かな時間をすごした過去の空間、などを思い出して、なぜか穏やかな気持ちになります。原曲の詩いつかちゃんと読んでみたいです。

今日、先生にリンクの許可取りました。ご本人は、管理人に任せているので見たことがないそうです。
松下隆二氏のホームページ
|MUSIC | comment(2) | trackback(0)
バイオリンとギターのコンサート
今日はギターとバイオリンの2重奏を聞きにいってきました。あまりにも美しいバイオリンのメロディーがギターのさまざまな色彩が変化する伴奏の中、演奏されていきます。そんなすばらしい演奏でしたので音がすぐ近くで鳴っているように感じました。
印象的だったのはバリオスのクリスマスキャロル、ピアソラのタンゴの歴史、ヴィラロボスのブラジル風バッハ、そして最後に演奏された「花」

最近思うのですが、日本の歌は、先日の箏で演奏された「さくらさくら」もそうですが、素朴で間があって美しいですね。どんどんイメージが膨らみます。

クリスマスキャロル・・・いつかギターで弾きたいです。とても美しいですが、精神的な曲に聞こえます。

バイオリン 荒田和豊
ギター 松下隆二

曲目
セレナーデ(R.ドリゴ)
郷愁のショーロ(バリオス)
クリスマスキャロル(バリオス)・・・ギターソロ
スペイン民謡組曲/ムーア人の衣装/アストゥリアーナ/ホタ/ナナ/歌/ポロ/(ファリャ)
ショーロス1番(ヴィラロボス)
アリア~ブラジル風バッハ第5番(ヴィラロボス)
エチュード第4番(ヴィラロボス)・・・ギターソロ
タンゴの歴史/ボーデル1900/カフェ1930/ナイトクラブ1960/現代のコンサート/(ピアソラ)

~アンコール~
ニューシネマパラダイスのテーマ
スペイン舞曲(ファリャ)
花(喜納昌吉)

P1000004.jpg


1222.jpg

|MUSIC | comment(0) | trackback(0)
素敵な話
いつもコーヒー豆を買いに行っている珈琲工房森山の店主森山さんから、素敵な話を教えていただきました。迷ったとき、忙しいと感じているとき、行き詰っているとき、そんなときにこのことばはいつも思い出すよう心がけたいです。

内容はこちらの掲示板にあります。
    ↓
珈琲工房森山
|WEBLOG | comment(2) | trackback(0)
12月17日、大牟田、吹雪
昨日、大牟田のカフェneiに紅茶を飲みに行ってきました。
グムティー農園セカンドフラッシュ、とサングマ農園ファーストフラッシュを飲みました。
グムティーは、甘い花の香りが霧につつまれた感じ、サングマは、蜂蜜と甘いバターの香りのように感じました。
帰りは、猛吹雪でしたが、美味しい紅茶を飲むと魔法にかかったように寒さを感じませんでした。
【グムティー農園セカンドフラッシュ】
20051224160216.jpg


20051224155751.jpg

【雪化粧】
20051224155551.jpg

【スローモーション】
20051224160057.jpg

|DRINK | comment(0) | trackback(0)
小林健二展
画廊香月に、小林健二展「銀色のことば」を見に行きました。
作品は白い背景に、静物が描かれているのですが、その白い背景が独特でそれがあることにより静物がさらに存在感を増していました。具象的でありながら、それが何なのかひきつけられる作品や、抽象的な想像力を膨らませる作品。不思議な世界でした。

すばらしい作品は、何かを発していて、感覚を刺激します。
フリーダ・カーロ、マン・レイ、アンリ・マティス、そして今日見た小林健二、河原朝生。これらの作品を見ることで、少しづつですが、私の中の感覚も変わってきているのかもしれません。
|ART | comment(0) | trackback(0)
沖縄旅行記
沖縄に行ったときの旅行記です。
あまり多くのものを見たわけではありませんが、
沖縄の自然を少しの間感じただけで幸せでした。
(2005年4月末から5月始め)

【那覇】
飛行機から見える南の国の海と空の色。明らかに、九州で見る色とは違って見える。空港からすぐ隣にあるゆいレールに乗ると、案内とともに島唄のオルゴールが流れてほのぼのする。この日は平日だったが、欧米の外国人の姿も多い。ゆいレールを降りると、まず太陽の光がまぶしくて、目が痛くなる。

国際通りを歩いていると、みやげ物屋さんの中に、家庭料理の店があり、入っている。信州の学生らしい数名に、お店の人が、西表島の自然など沖縄のお勧めを話しているようだった。今回は、離島まで行く予定ではなかったが、西表の美しい風景を想像する。頼んだのは、オーソドックスなゴーヤちゃんぷる定食。ゴーヤが、九州で食べるものよりとても甘く感じる。そのときは、分からなくて魚肉ソーセージ?と思っていたが、これは、ランチョンミートという豚肉のかんづめを使っていることを後で知った。

観光はあまりするつもりなどなかったが、首里城は見たかった。首里駅から10分くらい歩き、首里城につくと見晴らしがよいのと天気がいいので、写真を撮っていたのだか、撮った写真は雲の写真ばかりだった。以前、沖縄出身の知人が沖縄にいるとき雲の写真ばかり撮っていたと言っていたが、気持ちが分かる気がした。私には、沖縄の雲が「表情が豊か」にみえたからだ。首里城も一通り見学したが、再建されたものと知ってからか、お城そのものより、お城の石垣のほうに数百年の歴史を感じて魅入ってしまった。

牧志までゆイレールで戻り、国際通りを歩くが、観光客相手の店が多い気がして、なんとなく1つ奥の路地を歩く。すると、エスニックの雑貨の店や地元の人がお茶しているカフェなどがあって面白い。
疲れてきたので、Cinamon Cafeで、コーヒーとガトーショコラを頼んで休む。奥の方では、常連の方が、お店の人と話している。

友人から、仕事が終わったとのメールが入り、首里駅で合流する。

【伊計島】

2日目は、友人と、近い島に行こうという話しになって、沖縄市の友人宅から伊計島に行くことになった。ビーチに着くと、潮風が甘く、やわらかいかぜが吹いていたのでそれだけで癒される気分だった。この風や潮の香りは沖縄独特のもののように思う。潮のにおいと風で、BEGINの「島人ぬ宝」の詩を思い出してしまった。BEGINの詩に書いてある「宝=大切なものうちの1つ」は、このようなことではないかと思う。海の中は、本当に透き通っていて、熱帯魚のような魚が泳いでいる。

【瀬底島】
3日目は、北部の方に行こうという話しになり、名護市の北にある瀬底島まで足を伸ばした。ここは、ライダーズマップルに書いてあるとおり、無料のビーチで、ほとんど地元の人しか居ない。島は本島から橋でつながっているのだが、橋から瀬底島にかけてエメラルドグリーンの海が広がっていて気持ちいい。ビーチではのんびり泳いだり疲れたら、本を読んだり時間がゆるやかに流れていった。隣に、ブルドックをつれていている親子連れがいて、写真を撮らせてもらう。ブルドックが面白い表情をしてくれてかわいい。

【島唄ライブ】
沖縄市の友人に戻り、シャワーを浴びてから、島唄のライブを見に行くことになった。まず、宜野湾にあるギョーザのお店で食事をした。沖縄は、道が狭く、友人のRV車では通りにくかった。そのためか、沖縄ではKのスズキジムニーをよく見かけた。これだと小回りもいいて、アウトドアもできるので、沖縄の生活にはぴったりなんだと思う。食事が終わり、9時からのネーネーズのライブを見に行く。今のネーネーズは、3代目とのことで、まだ20代前半の人もいる。今風にアレンジされた曲も演奏されたが、私達の心をうったのは、素朴な三線の伴奏で歌われる民謡だった。ちょうど、MCが入って誕生日の人が指名される。曲の中で、沖縄の人は、「えいやーそーそー」とか指笛を裏拍で入れる。沖縄の民謡は、今も生活の中に根付いているものだと感じた。このときの「えいやーそーそー」は、「あんたの言うとおりだ」とでも言っているかのように聞こえた。


※番外編
【ソーキそば】
沖縄に居るときは、毎日食べていました。店によって、麺の食感がかなりことなります。これに、唐辛子を泡盛につけたものをかけるのですが、飲酒運転にならないのでしょうか?・・・
慣れてくると、これなしではものたりなくなるようです。

【沖縄のお年寄りの話】
沖縄のお年寄りは、夜遅くまで起きているそうです。夜中の3時に飲み屋さんでみかけることも少なくないとか。この元気のみなもとは、食事なんでしょうか。どこにいっても、元気なお年寄りが多かったように思います。

【そばじゃみ、GYOZA BAR JAMMING】
ここは、なぜかキムチがとてもおいしく、スパイシーな餃子もよかったです。このお店は、サイゲンジが沖縄に居るときに遊びにいくお店だそうです。

Cinamon Cafe
那覇市牧志1-14-59石川ビル1F
098-862-2350

そばじゃみ、GYOZA BAR JAMMING
宜野湾市大謝名5-7-2
090-3414-4466

ライブハウス島唄
宜野湾市真志喜2-1-1-8F
098-890-0757
|TRAVEL | comment(2) | trackback(0)
想像
おすわりしています。

「えさをくれ!!」

とでも言っているみたいに見えます。
(母撮影のため、想像です。)

20051224160122.jpg

|WEBLOG | comment(0) | trackback(0)
バンバンバザール
黒崎のカフェCLUTCHにて

バンバンバザールのライブは、理屈ぬきに楽しいです。
あたたかく太いウッドベースに、管楽器の音まで再現しながら伴奏までしてしまうギター、ハイテンションのボーカル・・・と彼らの演奏力のすごさをあげるときりがないですが、あまりにも楽しいので、そんなことどうでもよくなってしまいます。
それが、彼らの本当の「すごさ」なのかもしれません。

-リスト-
明るい表どおりで
家庭教師2003
夏だったのかなぁ
彼女待っていただけなのさ
ニューオーリンズにて
ハッとして!GOOD
スウィート・スー
4回も5回も
フライデーナイトエビフライ
世紀の楽団
ホワイトクリスマス

(仕事で1時間遅れたため、前半は不明です。)

20051224232047.jpg

|MUSIC | comment(2) | trackback(0)
JUNGPANA UPPER FTGFOP1
赤坂の茶の愉にて、ジュンパナ農園のダージリン(ファーストフラシュ)を購入しました。
(2005年は売り切れてなく、2004年ではありますが・・・)

茶葉だけ見ると緑茶みたいに感じるのですが、
淹れて見ると、花のような優しい香りがしました。
水色は、やわらかい「だいだい」です。

新茶だったら、もっと芳香なのでしょうね。

2006年のファーストフラシュが待ち遠しいです。

ライフログ「金の芽」にこの茶園を訪れる場面があります。
車も通れないような、ダージリンの奥地にあるそうです。
本の中の場面を思い出しながら、お茶を飲みました。

【JUNGPANA UPPER FTGFOP1】

|DRINK | comment(0) | trackback(0)
CLUTCH
こんばんは。
外は、雪が強い風とともに降っています。
さきほど、犬のジュンと一緒に外の雪を見ました。
ジュンも雪が降っているので興味深々のようでした。
私の住んでいる北九州市郊外は雪深いのですが、皆さん、明日は気をつけて出勤しましょう。

そんななか、黒崎にあるカフェCLUTCHでお茶を飲みながら、来週金曜日のバンバンバザールのライブの話やJAZZの話をオーナーとしてきました。

このお店は、基本的にはカフェなのですが、シングルモルト、焼酎、カクテル、ワインとアルコール類もそろっています。ライブがあるときは、ライブハウスになったり、映画の上映があったりといろいろな「顔」をみせます。オーナーは、19時からいらっしゃいます。

CLUTCH
北九州市八幡西区黒崎2-7-4
TEL/093-644-5860
15:00~1:00(火曜日定休日)
20051224155612.jpg

20051224160148.jpg

20051224160207.jpg

|SHOP | comment(0) | trackback(0)
PEN-F(OLYMPUS)
もう40年以上も前の1眼レフです。
ちゃんと動きます。
露出計が付いていないため、ゴッセンの露出計と一緒につかいます。
不便なカメラですが、そのゆっくりした間を楽しむのが大好きです。


20051224155710.jpg

|WEBLOG | comment(0) | trackback(0)
マカイバリ茶園(オータムナルフラッシュ)
寒い夜でしたので、無性にあたたかい紅茶が飲みたくなり、薬院にある回でダージリン(マカイバリ茶園オータムナルフラッシュ)を飲みました。この紅茶は、ほのかに熟した果物のような甘い香りがしました。寒い日のあたたかい飲み物は、心まであたたまります。
かかっている音楽も、現代音楽、民俗音楽、声楽と多様でした。私は大好きなジャンルでしたので心が癒されました。

回(KAI)
福岡市中央区薬院3-13-20
092-525-4027

【ダージリン・マカイバリ農園(オータムナルフラッシュ)】
20051224155642.jpg

【アッサム コンドリ農園】
20051224160253.jpg

|DRINK | comment(0) | trackback(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。